悠言録

トップ悠言録一覧 > 悠言録

[2006年11月04日]

 拝啓 藤原昭奈良市長殿。昨年7月31日の初当選以来、1年3ヶ月余り。多忙で激務の日々、ほんとうにお疲れ様です▼前市長の税金未納問題などで揺れに揺れた市政の建て直しに、「市民の良識」という追い風を受けて当選され、クリーンな市政実現に市民は大きな期待を寄せたものです▼昨年9月の所信表明では「奈良の改新ー」を基本理念として打ち出し、行財政の質的転換のため、「公益を実現し」、「公金の意識をもち」「公僕の姿勢」を常に心がけ、いつも何かを改革していこうとする気持ちを持ち続けていこうー、と力強く職員に呼びかけられました▼しかし勇壮に船出した「藤原丸」は、この1年強、荒波に揉まれる日々、休まる日がありません。小学校改築工事を巡る談合疑惑や前市長に関わる公文書流出での地方公務員法違反事件、さらに今噴出している病休職員問題など、相次ぐ不祥に市民の怒りの声は頂点に達しており、病巣はまだまだ深いと言わざるを得ません▼でもよく考えてみてください。これらの不祥事のほとんどが、過去の遺物であり、「病い」ではないでしょうか。そうならば、藤原市長にとっては謝罪ではなく、積年のウミを出し切る絶好チャンス捉え、悪しき政治家と断固対決し「大改革」をしていただきたいものです。胸を張って言ってください。これからがほんとうの「奈良の改新」だと。(純)

  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • バックナンバー購入のご案内
  • 会社情報
  • お問い合わせ

ホームニュース論点悠言録

バックナンバー購入会社情報お問い合わせ

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper