論点

トップ論点一覧 > 論点

「納得し難い」のは誰 − 拝啓 山下真生駒市長殿

2006年12月10日

主筆 藤山 純一

 新病院建設問題では大変ご苦労されていること、お察し申し上げます。今月1日に開会された市議会臨時会では、山下市長が建設予定地とされている生駒総合病院跡地を購入するため、土地収用法に基づく仲裁裁定制度の手続き申請のための承認を求める議案を提案されましたが、賛成多数で、市長には不本意な継続審議となりました。<br>  山下市長は同日、この問題を審議した市議会の新病院設置等に関する特別委員会(稲田欽彦委員長、8人)について、市の公式ホームページの市長日記に綴っておられますが、この内容に対して、ぜひともお伺いしたくよろしくお願いします。<br><br>      ◆      ◆      ◆<br> 一、まずお聞きしたいのは、この委員会で「継続審議」とすることに賛成した6委員の名前を所属会派も含めて書いておられるのに、唯一、反対した一委員の宮内正厳委員(共産党)の名が記されていないのは、なぜなのでしょうか。議会制民主主義は賛否あって成り立つもの。これではアンフェアーと言わざるを得ません。<br> 誰が賛成し、誰が反対したか。賛成した人を明記するなら、反対した人も記すのがフェアーといえるでしょう。これには何か意味があるのでしょうか、ぜひお聞きしたいものです。<br> 一、さらに、委員会で継続審議とした理由として、「・病院の経営形態、経営主体、市と経営主体との契約内容などの具体像が明確になってない」と山下市  長は報告されていますが、もちろんこれらも課題ですが、委員らが最も問題にしていたのは、新病院の経営計画ではなかったのでしょうか。<br>   病院経営は大変です。経営の収支バランスや見通しが確かなものでなければ、市民にそのツケがまわります。委員会では、この最も大事な問題が論議されたにもかかわらず、なぜ山下市長は明記しておられないのでしょうか。<br> 一、そして「新病院の具体像を現段階で明確にするのは不可能であり、そんな短期間で出せるものではない。来年の5、6月ぐらいまでに出れば間に合う」と記されていますが、病院の具体像がはっきりしていないのに、何億円もの税金を投入して不動産を取得しようとすることは、果たして正常な行政のあり方といえるのでしょうか。民間では、営業施設を建設する場合、その経営計画など具体像がなければ、常識的に考えて、金融機関から融資も受けられません。<br> 一、また、市、議会が、仲裁申請に同意することが、生駒総合病院跡地の所有者である県国民健康保険団体連合会(国保連)にも同意していただく上でプラ  スになる、と記しておられるが、国保連はすでに鑑定価格での売却で、期限は来年2月までと決めており、あとはこの売主の意思表示に、買主の生駒市が応じるかどうかの問題と思われます。<br>   まして生駒市は国保連のメンバー。もっと高く売れる土地を、安く売れといって、損をさせることはできないのではないでしょうか。<br> 一、仲裁制度を利用した場合、病院の運営方法が指定管理者等の公設民営に限られるという委員の意見に対して山下市長は、「土地収用法や医療法に関わる  問題だが、過去に判例もなく、現段階で明確な法解釈を提示することはできませんが、いずれにせよ、現段階で、仲裁申請が受理されないわけでなく、また急を要する問題でもあるのですから」(要旨)と書かれていますが、弁護士で法律専門家の山下市長が法的解釈できないものを、県や国保連に求めるのはいかがなものでしょうか。<br>   また経営主体のあり方によっては、県が仲裁申請を受理するかどうか分からない、見通しのないものを、急を要するからといって議会に提案するのも問題ではないでしょうか。<br>      ◆      ◆      ◆<br>   以上、生駒市として公的に発信された山下市長の「市長日記」にこれだけの大いなる疑問が浮き上がってきました。この日記の最後に、山下市長は「今回の委員会の採決は納得しがたいものです」と記されていますが、新病院建設問題で「納得しがたい」のは、山下市長本人ではなく、委員であり市議、市民であることを忘れておられるのではないでしょうか。<br>   政治家、首長としての説明責任を十分に果たさず、「継続審議」という結果が出たからといって「納得しがたい」とは、これを「わがまま」といわれても仕方がないと思うのですがいかがでしょうか。<br>   本紙記者がこの問題について、直接市長にお話を伺いたいといっても、お忙しいのでしょうか、なかなか取材に応じてもらえません。それならばこの「市長日記」で以上の疑問、質問にお答えいただきたくわけにはいかないでしょうか。<br>   市長は、今月13日から開会される12月定例議会に再度新病院問題の審議を求められるということですので、できれば議会開会までにお答えをいただければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。

  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • バックナンバー購入のご案内
  • 会社情報
  • お問い合わせ

ホームニュース論点悠言録

バックナンバー購入会社情報お問い合わせ

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper