悠言録

トップ悠言録一覧 > 悠言録

[2007年02月01日]

 プロ野球が2月1日にキャンプイン、いよいよ「球春」の到来だ。今年は話題が多く、大いに盛り上がるだろう▼セ・リーグでは、巨人の大補強が目に付く。小笠原、谷などを獲得、打線に一見スキがないようにみえる。成績低迷が続き、がけっぷちの危機感。しかし、相変わらずのカネの投入による解決策。苦笑しかない。カネよりファンを大切にした広島・黒田の心意気に拍手。関西の元気のためにも阪神のV奪還に注目しよう▼パ・リーグがおもしろい。ヒルマン、バレンタイン、王、野村とそろった名将たちの“智の戦い”から目が離せない。楽天・田中、ロッテ・大嶺ら甲子園を沸かせたルーキーたちの成長ぶりが楽しみだ▼春の選抜では、奈良から郡山高校の出場に期待したが、願いはかなわず、2年連続で奈良の春は無し。とても寂しい。夏まで待つしかない。とはいえ、“20年に1人”、清原、松井以来の超大型打者といわれる大阪桐蔭・中田をはじめ、関西勢の逸材は目白押し。ハンカチ王子が入学した早稲田大学の試合には、女性ファンが殺到するだろう▼大リーグが熱い。松坂、井川が大リーガーたちをキリキリ舞いさせるだろう。イチロー、松井、田口たちも打ちまくるにちがいない。そして、星野ジャパン。北京五輪の金に向けて、闘魂あるのみ。「球春」は、“暗いニッポン”に明るさと希望を運んでくれるだろう。(水)

  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • バックナンバー購入のご案内
  • 会社情報
  • お問い合わせ

ホームニュース論点悠言録

バックナンバー購入会社情報お問い合わせ

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper