悠言録

トップ悠言録一覧 > 悠言録

[2007年02月12日]

 近鉄菖蒲池駅北側周辺の都市計画の変更計画について先日、奈良市で奈良国際文化観光都市建設審議会が開かれた▼この変更計画が、あやめ池下池の約半分を埋立てるほか、遊園地跡地の利用についても影響を与えることから、注目されていた。しかし、審議会には別の案件が3件あり、審議途中で時間切れとなった。結論は次回に持ち越された▼この審議会に対し、2000人を超える反対署名が寄せられたが、直接的な影響のある近隣者よりも、多くは遠隔地の居住者だった模様だ。この種の事業には、賛成署名はまれで、反対署名がよく提出される。特定の政党もよく反対署名運動を展開する▼署名者は「真意に反対」というより、付き合いというイメージでの署名が数多い。審査会の委員は、このような署名運動の背景をよく理解しなければならないだろう。ところで、当日、審議会場入口でこの案件に反対するグループが、会議の公開と会議録の開示を求めるビラを各委員に配った。また、各委員の自宅にも同様の手紙が届いたという▼これは明らかに自由な審議に対する圧力と干渉だ。意見があれば法定制度にのっとり、堂々と述べればいい。数をたよりに、なんでも自分の意見を通そうとする運動にはうんざりだ▼審議会の委員は百年の大計のもと、自らの良識によって、自由で活発な意見交換を行い、早期に有益な結論を導いて欲しい。(耕)

  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • バックナンバー購入のご案内
  • 会社情報
  • お問い合わせ

ホームニュース論点悠言録

バックナンバー購入会社情報お問い合わせ

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper