ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

新型インフルエンザの影響

 全国的に広がりを見せる新型インフルエンザの影響で、奈良市内にある旅館・ホテルの予約客のキャンセルや延期などが約3万3000人に上ることが、県旅館・ホテル生活衛生同業組合(箸尾享嗣理事長、196施設)の調べで分かった。うち奈良市内(加盟60施設)の施設では修学旅行生の延期・キャンセルが44施設で2万8018人に上り、損失額は2億3132万円。修学旅行生を受け入れている旅館では営業の停止も相次ぎ、資金繰りの悪化など影響を懸念する声も上がっている。[2009年05月27日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • バックナンバー購入のご案内
  • 会社情報
  • お問い合わせ

ホームニュース論点悠言録

バックナンバー購入会社情報お問い合わせ

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper