ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

ホテル用地の産廃撤去1.7億円 補償費は実質否決 奈良市会

 奈良市議会(橋本和信議長)の6月定例議会は12日再開し、平成21年度一般会計補正予算案原案を否決、JR奈良駅前ホテル事業用地の産業廃棄物撤去費(補償費)の1億7000万円を削除した修正議案を全会一致で可決した。用地買い戻し費8億円は原案通り可決。同補償費をめぐっては、予算措置の根拠が不透明だとして代表質問などで各会派から批判が噴出していた。[2009年06月13日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • バックナンバー購入のご案内
  • 会社情報
  • お問い合わせ

ホームニュース論点悠言録

バックナンバー購入会社情報お問い合わせ

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper