ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

イスラム陶器片19点も 西大寺旧境内から出土

イスラム陶器片19点も 西大寺旧境内から出土

 奈良時代の西大寺旧境内(奈良市西大寺新田町)で、8世紀後半に西アジアで生産されたとみられる「イスラム陶器」の破片の一部が見つかった。海上ルートを使って中国経由で都(平城京)へ持ち込まれたと考えられる。国内最古の出土例で、平城京跡での出土は初めてという。発掘調査を担当した奈良市教育委員会は「8世紀の海上交易路をうかがう上で、極めて貴重な資料」と話している。[2009年07月04日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • バックナンバー購入のご案内
  • 会社情報
  • お問い合わせ

ホームニュース論点悠言録

バックナンバー購入会社情報お問い合わせ

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper