ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

駅ナカ「ビエラ奈良」開業―JR奈良駅

駅ナカ「ビエラ奈良」開業―JR奈良駅

 平城遷都1300年にあたる今年の3月に高架化されたJR奈良駅で3日、東西自由通路の完成に合わせてJR西日本不動産開発(兵庫県尼崎市)が高架下の商業施設「ビエラ奈良」を開業した。奈良交通(奈良市大宮町)などの飲食店が出店。JR西日本不動産開発は、物販を中心に展開するビエラ奈良2期目の計画も進めている。
 東西自由通路1階の南側に開業したビエラ奈良は古都・奈良の玄関口にふさわしい「ならまち」をイメージしたデザイン。施設面積は飲食部分が約1200平方辰如居酒屋やファストフード、定食店など6店舗が入店。駐車場部分の面積は約3600平方辰箸覆辰討い襦
 同施設に入店した奈良交通の大和釜揚げと旨(うま)いもの所「三条坊」では2日、関係者ら約30人が参加した開店セレモニーを実施。同店は上質な小麦粉を使用した自家製めんや地産食材などが特徴となっている。
 セレモニーに参加した同社の中村憲兒社長は「駅ナカ事業のビエラ奈良が完成し、平城遷都1300年祭のにぎわいをさらに大きくしていくビエラ奈良に出店できて大変光栄です。三条坊では厳選素材を使い、お客さまに満足していただける飲食店にしていきたい」と話した。
 また、JR西日本不動産開発の波多野健一都市開発部長は「奈良を訪れる人や生活している人から愛される施設を目指していきたい」と語った。
[2010年10月08日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • バックナンバー購入のご案内
  • 会社情報
  • お問い合わせ

ホームニュース論点悠言録

バックナンバー購入会社情報お問い合わせ

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper