ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

地元紙ならではのインパクトを若者に 本社第10回社友会

地元紙ならではのインパクトを若者に 本社第10回社友会

 読者の立場から記事や紙面編集について意見を出し、より「県民に親しまれる新聞」づくりへさまざまな角度から参画してもらうことを目的に発足した「社友会」(奈良日日新聞社主催)の第10回会合が20日、奈良市法華寺町の同社会議室で開かれた。今回から、小山淳二連合奈良会長、安井清悟社会福祉法人中川会理事長、馬越かよ子奈良佐保短期大学長が新たに加わり、より多角的に意見交換が行われた。
[2014年01月24日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper