ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

金峯山寺、世界遺産登録10年 田中宗務総長に聞く

金峯山寺、世界遺産登録10年 田中宗務総長に聞く

 紀伊山地の霊場と参詣道の吉野大峯地域の世界遺産登録に尽力したのが、総本山金峯山寺宗務総長の田中利典さん(58)だ。あれから10年、いま同寺は年間数十万人の拝観者でにぎわうようになり、桜とともに吉野の観光を大きくけん引している。
 役行者(えんのぎょうじゃ)が開祖とされる同寺は、修験道の総本山。明治時代の神仏分離令や修験禁止令など幾多の危機を乗り越え、世界遺産登録を成し遂げた。田中さんは「世界遺産登録はゴールではなく、スタートだった」という。[2014年01月31日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • バックナンバー購入のご案内
  • 会社情報
  • お問い合わせ

ホームニュース論点悠言録

バックナンバー購入会社情報お問い合わせ

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper