ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

人生の礎になる石を 瑞宝単光章を受章、打谷久義さん

人生の礎になる石を 瑞宝単光章を受章、打谷久義さん

20歳代半ばで石と向き合うことを生涯の生業にした打谷石材(橿原市八木町)の打谷久義さんが春の叙勲で栄えある瑞宝単光章(技能検定功労)を受章した。奈良県で石材の検定試験制度が施行されて以来、30年以上にわたり技能検定委員として技能労働者の育成に尽力した。今回の受賞はそれらの功績が認められたもの。
 「石はそのままでは自ら語ることはない。優れた技能で真剣に彫刻された石は、単なる石ではなく、人生の文字通り礎(いしずえ)になる。そのような石づくりに生涯をかけられることを犧嚢發紡困せ纏瓠廚噺世辰討呂个らない。[2014年05月09日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • バックナンバー購入のご案内
  • 会社情報
  • お問い合わせ

ホームニュース論点悠言録

バックナンバー購入会社情報お問い合わせ

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper