悠言録

トップ悠言録一覧 > 悠言録

[2014年07月04日]

報道に携わる人が必ず使う共同通信社の「記者ハンドブック」では、記事にするためのさまざまなルールが記されている。例えば料理の「とりのからあげ」は「空揚げ」と書き「唐揚げ」とは書かない▼高齢者の定義が65歳以上と定められているように年齢についてもルールがあり「ちゃん」は小学校入学前までで、高校卒業までは「君」が使える。これら年齢を超える人を記す場合は「さん」「氏」が基本になる▼1年間に計195回、温泉地などへの日帰り出張をし、政務活動費から3000万円を超える支出をした兵庫県議会の野々村竜太郎氏(47)の会見が話題になっている▼大きなジェスチャーを加えてワアワアと泣き叫び「高齢化問題はわが県のみならず西宮、日本人の問題じゃないですかあ」「世の中を変えたいっ」などと、問題を明らかにする説明責任の本質からずれた発言を繰り返した▼揚げ句は報道陣に対し「あなたにはわからんでしょうが」と食いかかる場面も。また会見後は、報道各社に対して「心身ともに疲れ果て、自殺に追い込まれるのではないかと不安でいっぱい」と申し入れ…。自殺をほのめかし、報道をけん制している▼駄々っ子の状態にある野々村氏。精神の不安定を引き合いに出すような人物に県議の大役は荷が重い。自身の選挙区の有権者も号泣したいだろう。「この47歳児瓩鯤僂┐燭い叩廚函宗

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper