ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

猿沢池盆踊り復活を 8割が「望む」

 「さてはこの場の皆さまへ―」の江州音頭のリズムに乗って、猿沢池を一周する踊りの輪、「納涼猿沢池盆踊り大会」が平成16年8月を最後に途絶え、今年で10年目を迎えた。猿沢池の中心部に特設のやぐらが設けられ、500個を超えるちょうちんが水面を照らし、奈良ならではの風情を醸し出し、土日曜の2日間で約10万人の人出でにぎわった。奈良の夜の活性化が問われる中、この盆踊りの復活を求める声が高まっている。[2014年07月14日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper