ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

日仏文化交流の深さ表現 ハルカス美術館で「デュフィ展」

日仏文化交流の深さ表現 ハルカス美術館で「デュフィ展」

明るい色彩と軽快な筆さばきで親しまれ、20世紀のフランスを代表する画家、ラウル・デュフィの「デュフィ展」が5日、あべのハルカス美術館(大阪市阿倍野区)でスタート。開幕に先立ち4日に行われた開会式・内覧会では、関係者が代表作「ヴァイオリンのある静物 バッハへのオマージュ」や、日本で紹介される機会が少なかった版画や服飾、陶器、家具など多種にわたる作品を鑑賞した。9月28日まで。
[2014年08月08日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper