悠言録

トップ悠言録一覧 > 悠言録

[2014年08月19日]

 自分で家や部屋などの生活空間を快適にする日曜大工、DIY(ドゥ イット ユアセルフ)が流行している。このお盆休み、行楽に行かない人の中には、家族からの注文に応え、作業に汗を流す方々も多いのではないだろうか▼ホームセンターでは簡単に張り替えることができる壁紙や襖の材料をはじめ、塗料や石こうなど、さまざまな商品が並べられており、見ているだけで楽しい▼しかし、リフォーム業者に言わせると、これら商品を使って壁紙を張り替えた家の依頼を受けるのは「嫌」だそうだ。その理由は、貼り付けてある壁紙をはがすことに苦労するから―▼プロは、壁紙を奇麗に貼り付けることは当然、その後のリフォームも想定して独自にのりを調合する。しかしDIY製品の中には、強力なのりで、はがすことをまったく考えていないものがあるといい、これを使ってある仕事を受けるのはやっかい▼「餅は餅屋」。プロの仕事は素人とは見ている所とその深さが違う。しかしながら、いつまでたっても浅い仕事をするのが政治家のセンセー。今年度の上半期も政務活動費や、淫行など政治家のニュースが世を騒がせた▼来月から今年度の下半期に入る。国では内閣改造があり、今からその人事に注目が集まっている。県内では来春の統一地方選に向けた動きが本格化している。政治からはがれ落ちた信頼―。そろそろリフォーム時期なのだが、依頼するプロが見当たらない。

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper