ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

山下前生駒市犲裟畄萃蠹 置き去りにされた負の遺産、市民の不満は頂点に

山下前生駒市犲裟畄萃蠹 置き去りにされた負の遺産、市民の不満は頂点に

 山下真前生駒市長が知事選くら替え出馬前に打ち出した「北大和グラウンド低炭素まちづくり事業」で、市が住宅地として売却を目指していた「北大和グラウンド」(同市北大和)について、県が「市街化編入」を認めず頓挫する見通しとなった。同グラウンドの売却益で整備するとしてきたHOS生駒北スポーツセンター(同市高山町)は見切り発車で運営をスタートしており、血税の無駄遣いとの批判も出ている。また、同スポーツセンターの開発中止を訴えてきた地元・獅子ケ丘自治会(野宮武俊会長)は今年1月、夜間照明の使用禁止を求める仮処分申し立てを奈良地裁に提出、山下前市長の猯つ鳥跡を濁す瓩粒聞イ忙毀韻良塰は頂点に達している。[2016年03月04日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper