ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

犂蕎陲慮生豌臭瓩納分探し 薬物依存症

犂蕎陲慮生豌臭瓩納分探し 薬物依存症

 依存症は回復できる―。ワンネスグループのスタッフとして活躍する一森裕さん(45)は自身もかつて薬物依存で苦しんだ経験を持つ。同グループの回復支援や県内薬物事犯の状況、薬物依存者らを実社会で更生させ、再犯防止につなげる法律「刑の一部執行猶予制度」の動きを探った。また、経済的理由ではなく、衝動的に窃盗を繰り返すクレプトマニア(窃盗症)に関する支援を行う「KAなら」が昨年12月に発足し、同グループの取り組みも紹介。[2016年04月08日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper