ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

経済効果は3億円― 地域の核となる美術館へ 県立美術館

経済効果は3億円― 地域の核となる美術館へ 県立美術館

 県立美術館(奈良市登大路町)が地域にもたらす経済効果は、3億円―。同館が昨年10月10日から12月6日までの約2カ月間実施した企画展「浮世絵版画展」でのアンケート結果を基に、観光庁がまとめた「共通基準による観光入込客統計調査」の1人当たり観光消費額から、地域にもたらす経済効果を算出。2万人の来館者で約3億円の経済効果が見込まれることがわかった。中山悟同館参与は「集客力のある展覧会を開くことで地域を活性化することができる」と断言した上で、「地域の核になる美術館を目指すとともに、地域との相乗効果を図っていきたい」と話す。[2016年05月13日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper