ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

動き出す高山第2工区― 小紫市長倏鮖翕渦鶚瓩鯏渦鵝\原雹

動き出す高山第2工区― 小紫市長倏鮖翕渦鶚瓩鯏渦鵝\原雹

 約20年もの間、手つかずで放置され牘漬け状態瓩箸覆辰討い訐原雹垤盪劃の学研高山第2工区(約288如砲動き出そうとしている。8月31日には「第1回学研高山第2工区まちづくり検討有識者懇談会」(座長・村橋正武立命館大学上席研究員)が開かれ、小紫雅史市長が「第2工区のまちづくりは、市にとって最重要課題。これからの本市の発展を担う最も重要な地域」と明言。山下真前市長の事業協力に対する「白紙撤回」で置き去りにされた高山第2工区に再び光が当てられようとしている。だがその一方で、懇談会が有識者だけの集まりで地域の意見が反映されないことや非公開であることに地域住民から批判の声も上がっている。[2016年10月28日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper