悠言録

トップ悠言録一覧 > 悠言録

[2016年12月09日]

 師走に入りプロ野球はストーブリーグの直っただ中。移籍や契約更改に目が離せない人も多いだろう。Jリーグも、J1鹿島アントラーズが年間優勝を決め、J2では手に汗握る昇格争いが繰り広げられた▼奈良市を拠点に活動するサッカーチーム「奈良クラブ」は今年、JFL(日本フットボールリーグ)からJ3参入を目指すも果たせなかった。現在は再編に着手し、来季の昇格を狙う▼そんな県のサッカー界で新たな動きが起こった。橿原市が拠点の総合型地域スポーツクラブ「ポルベニルカシハラスポーツクラブ」(福西達夫理事長)が今年11月、Jリーグ入りを目指すことを宣言。ポルベニルとはスペイン語で未来を表す▼現在サッカー部門のトップチームは県社会人1部リーグで戦い、最短で5年後にJ3にたどり着く。かつて京都サンガで監督などを歴任した高間武氏がクラブアドバイザーを務め、すでにJ加盟への助言を受けた。今後はチーム強化を図るためスポンサーや選手獲得に乗り出すことが予想される。県でJ加盟を目指すチームは2つ目となった▼橿原市はリオ五輪バドミントン女子ダブルスで金メダルを獲得した高橋礼華さんら著名なスポーツ選手を輩出する。しかし、県トップレベルのチームの多くは奈良市が拠点だ▼「ポルベニル―」には奈良クラブと競争し共にJリーグで活躍し、中南和地域を盛り上げるためにも頑張ってほしい。(直)

  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • バックナンバー購入のご案内
  • 会社情報
  • お問い合わせ

ホームニュース論点悠言録

バックナンバー購入会社情報お問い合わせ

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper