ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

反対住民、共産党に怒りの声 関連費補正予算 可決へ 奈良市新斎苑

反対住民、共産党に怒りの声 関連費補正予算 可決へ 奈良市新斎苑

 奈良市議会の12月定例会は、きょう最終日を迎え、仲川元庸市長が上程した新斎苑(火葬場)整備事業の関連費8200万円を含む平成28年度一般会計補正予算案が可決される見通し。13日に開かれた同予算等特別委員会で、予算成立のキャスチングボートを握る共産党が計画に賛成の意思を表明し、本会議で可決される可能性は極めて高くなった。反対する地元住民は「共産党に裏切られた」などと怒りの声を上げている。[2016年12月16日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper