悠言録

トップ悠言録一覧 > 悠言録

[2016年12月23日]

 人々に夢と希望を抱かせるという遠大なテーマを掲げた「絹谷幸二天空美術館」が、JR大阪駅近くの梅田スカイビルタワーウエスト27階にきょうオープンする▼「はるか大阪湾に反射する陽光を見た時、古代舟を通じて日本文化が形成される悠久の時の流れを夢想した。そして、大空を見上げた時、憧れのイタリアから世界につながった友情の輪の記憶がよみがえった。(中略)まさしく天空からのメッセージだった」と絹谷さん▼「美術・芸術は人間に夢と希望を与える」という思いで描き続けて半世紀。「この場所から今、新たなる創造の風を吹かせるのではないか、そしてここを訪れる世界中の人々を元気にできるのではないか、と私の胸は踊る」▼「人類を元気にしたい」という理想を追い求め、「豊饒(ほうじょう)なる世界」を届けたいと願う。一人でも多くの子どもたちに、次世代を担う若者たちに創造の喜びを知ってもらいたいとの思いから、この美術館は「未来に飛び立つ美術館」だ▼アフレスコ(壁画の古典技法)の代表作などのほか、大迫力の3D映像が眼前に迫り、原色が飛び交う勇壮・奇抜な絹谷ワールドに誘う。そしていつの間にか元気が沸き出る趣向だ▼一方、ふるさと奈良をこよなく愛する絹谷さん。生家は明治半ばからあった猿沢池のほとりに立つ料亭「明秀館」だ。奈良の風情にこそ「絹谷幸二美術館」はふさわしい。(純)

  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • バックナンバー購入のご案内
  • 会社情報
  • お問い合わせ

ホームニュース論点悠言録

バックナンバー購入会社情報お問い合わせ

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper