悠言録

トップ悠言録一覧 > 悠言録

[2017年01月01日]

 平成29年のえとは酉(とり)。酉という字に「卆」を足すと酔うの「酔」となる。ほかにも焼酎の「酎」など「酉」を使った漢字は「酒」に関係するものが多い▼酉年は「爐箸雖瓩海燹廚箸けて商売繁盛の年と呼ばれ、今まで努力してきた成果が実る年ともいわれている▼今号に掲載している「県内ゆるキャラ大集合&大投票」。地域や会社の宣伝など、ファンを取り込むために努力してきた77体のゆるキャラたち。雪丸(王寺町)が4連覇を狙っているが、果たして勝利の美酒に酔うのはどのキャラか。あなたの1票で努力の成果を実らせてあげてほしい▼今年の元旦号のテーマは「継承と発展」。奈良教育大学は現在、県森林技術センターと協力して県花の「ナラノヤエザクラ」を、バイオ技術を用いて県内に広める事業をスタートした。しかし、花が咲くまでには長い年月が必要で、成果が実るのは約10年後。担当准教授は「早く花を咲かせる研究にも取り組む」と意欲を見せる▼無論、素晴らしい研究だが、時間をかけて実るからこそ感動があり、価値があるとも思う。日本の伝統技術も長い年月を経て、脈々と受け継がれてきたからこそ独特の奥深さがある▼酒造りにも技術があり、伝統がある。職人が手間暇をかけ、こだわって造った地元の酒は、その地域の歴史や環境を浮かび上がらせる。今年は酉年、少しぐらい「酩酊(めいてい)」しても許されるだろう。(梶)

  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • バックナンバー購入のご案内
  • 会社情報
  • お問い合わせ

ホームニュース論点悠言録

バックナンバー購入会社情報お問い合わせ

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper