悠言録

トップ悠言録一覧 > 悠言録

[2017年01月20日]

 人生は、順風満帆とはいかず、越えなければならない「3つの坂」がある。1つは何事もうまくいっている時の「上り坂」、2つ目はどうしようもないことが重なってしまう「下り坂」だ▼そして3つ目が真っ逆さまに奈落の底に落ちる「まさか(坂)」だそうだ。小泉純一郎元首相が言ったといわれるが、この「まさか」がいつ訪れるか分からない時代になったと、県内のほか東京を含め10店舗の和菓子店「天平庵」を展開する青木一郎社長(36)は言う▼奈良で創業して10年。大阪などで展開する青木松風庵ともども3年前に父啓一氏から社長を引き継いだ。今年のスローガンは「Try first 〜まずはやってみよう!〜」▼「このような環境下であればあるほど、今後も結果を出し続け、勝ち組であり続けなければならない」といい、「トップダウンではなく失敗を恐れずに挑戦しよう」と社員523人の先頭を走る▼今年、県下9つの青年会議所をまとめる日本青年会議所近畿地区奈良ブロック協議会会長に就任。「誰もが夢を描ける活気ある奈良の実現」を目指し、人口増加や産業の活性化、教育の振興などについて目標を設定し活動を始めた▼3年後の東京オリンピック・パラリンピック、そしてリニア新幹線の開通など、今後あらゆるものが動き出す気配の中で、「まさか」を恐れず若き情熱と勇気を持った青年の活躍に大いに期待したい。(純)

  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • バックナンバー購入のご案内
  • 会社情報
  • お問い合わせ

ホームニュース論点悠言録

バックナンバー購入会社情報お問い合わせ

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper