論点

トップ論点一覧 > 論点

橿原市議アンケート 政治家の資質を問う

2017年03月10日

主筆 藤山純一

 委員会に出ていたが、どうしても会いたいというので「会館事務所に戻って会いました。夫婦で来ていたように思います。籠池さんと奥さんと。で、そのときに財務省か大蔵省かなんやようわからんけど、お願いの議がある風なことをちらっと聞いた。同時に紙に入ったものを『これでお願いします!』と言いよった。オバハンの方が」。
 何と生々しい場面であろうか。自民党の鴻池祥肇参院議員(兵庫選挙区)が3年前に、大阪府豊中市の国有地売買問題の渦中にいる学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典理事長夫婦と会ったことを認め、その時の模様を先日、記者会見で語った内容だ。
 「一瞬で金だとわかりましたよ。だから、それをとって『無礼者!』と言ったんだ。『男の面、銭ではたく、政治家の面、銭ではたくような、そんなん教育者と違う、帰れ!』と言って、わたしは委員会室に戻りました。ただ、それが金であったか、こんにゃくであったか、天ぷらか、かまぼこか、ういろうか知らん。確かめてへんから。だから、『あれはこんにゃくでした』と言われれば、そうかな、と思わざるを得ないな」と続けた。
 この後、「俺の今までの人生で、こんな汚物を投げられたようなのは初めてだけども、反省しようと。こいつなら金で動くと思われたことに、腹が立ったけど、これは俺に徳がないんや」と話し、同学園のパンフレットに安倍総理夫人の隣に自身の顔写真が了解なしに掲載されていることにも学園側に謝罪と取り消しを求めていることも明らかにした。
 引き続き報道機関との一問一答の後、「見てるで、俺は全部、みなさんの報道を。殴り込みをかけるで、おかしなこというたら」と言って記者会見を終えた。
 「こんにゃく」を突き返してあくまでも潔白を主張し、籠池氏に「出入り禁止」を言い渡した鴻池氏。しかし、同氏の事務所の「陳情整理報告書」によると、その後も籠池氏側は頻繁に鴻池氏の神戸の事務所を訪れ、国有地売却問題を巡り「上から政治力でお願いしたい」「土地評価額を低くしてもらいたい」
「高すぎる。何とか働きかけて欲しい」などと陳情していた事実も明るみに出た。
 「政治とカネ」の問題が問われて久しいが、「口利き疑惑」があったのか、なかったのか、他の政治家の介入はなかったのか、国有地売却を巡る問題だけに国会での徹底論議が必要であることは言うまでもない。
 さらに鴻池議員の報道機関を脅すような記者会見での捨てぜりふは、極めて悪質だ。報道機関の背後に控える国民有権者を無視した発言は政治家としての資格を問うべきではないか。
 今回、本紙が実施した橿原市議アンケートで、「無回答」が8人にも上った。この8人の市議に問いたい。「あなたがたは市の重要課題に何の考えもなく、議員として当選し政治活動を行っておられるのか」と。市政を担う議員ならば、堂々と答えるのが筋ではないか。それこそ市民有権者はしっかりとみていることを忘れてはならない。

  • 新生奈良研究会 新年度総会・記念講演会 ビジター参加募集
  • 教職40年 浅田芳正氏の教育奮闘記「教育は教えないこと!〜考える力を育てる〜」 好評のうちに連載終了 平成28年3月18日刊行
  • 応援しよう地元の バンビシャス奈良×奈良日日新聞 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 奈良日日新聞 購読・購入のお申込み
  • 広告のご案内
  • 奈良日日新聞 会社情報


  • ならにちホームページガイド
  • つぶやきで奈良をもっと楽しくしよう!ツイ奈良交流会

ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper