ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

市長選まで残り2カ月もいまだ立候補者はゼロ… 自民、候補者擁立なるか 奈良市長選、7月9日投開票

市長選まで残り2カ月もいまだ立候補者はゼロ… 自民、候補者擁立なるか 奈良市長選、7月9日投開票

 任期満了に伴う奈良市長選挙(7月2日告示、9日投開票)まで残り約2カ月となり、いまだ立候補を表明した者は1人もいないが、連休を前にしてその動きが加速しそうだ。現職の仲川元庸氏は、新斎苑を審議する奈良国際文化観光都市建設審議会が来月8日に開催されることから、これを機に立候補を表明、元生駒市長の山下真氏も仲川氏と競って名乗りを上げる可能性も取り沙汰されている。一方、自民党県連は、票が割れた前回選挙と同じ轍(てつ)は踏めないと、一枚岩となれる候補者擁立を目指すが難航、27日夜も奥野信亮会長を囲んで協議を続けており、不戦敗を避けたい意向だ。[2017年04月28日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper