ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

夢乗せ走る奈良交通に 乗合バス100周年記念式典 宇陀市で

夢乗せ走る奈良交通に 乗合バス100周年記念式典 宇陀市で

 大正6年に奈良で初めて乗合バスが運行を開始し、今年で100周年を迎えたことを記念し、奈良交通(奈良市大宮町、植田良壽社長)は5月27日、「乗合バス運行100周年記念式典」を、創業の地でもある宇陀市の道の駅「宇陀路大宇陀」(同市大宇陀拾生)で開いた。荒井正吾知事や若林陽介近畿運輸局長、川口正志県議会議長をはじめ関係者約60人が出席し、100周年を祝した。[2017年06月02日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • バックナンバー購入のご案内
  • 会社情報
  • お問い合わせ

ホームニュース論点悠言録

バックナンバー購入会社情報お問い合わせ

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper