悠言録

トップ悠言録一覧 > 悠言録

[2017年09月01日]

 きょう1日は「防災の日」。大正12年同日に関東大震災が起きたこと、また、暦の上で台風の多い二百十日に当たることから、昭和35年に制定。多くの企業や官公庁、学校など全国各地で防災訓練が行われる日でもある▼一般社団法人日本野球機構(NPB)は、きょうの「防災の日」に合わせ、防災の大切さを呼びかける活動として、公式戦全6試合の試合会場で「備えよう!防災デー」を実施する▼当日は出場選手らがオリジナルリストバンドを着用しプレーする予定。来場者にも選手らが着用するものと同じリストバンドと、防災に関するクリアファイルが数量限定で配布される▼選手らと同じリストバンドを身に付けて応援することで、来場者にも一体感を感じてもらい、同時に協力して助け合う気持ちを持ってほしいという思いで行われる今回の取り組み。学校現場や地域、職場以外でのこうした呼び掛けも非常に効果的だと感じる▼防災を考える上で、防災への意識を持ち続けることがまずは大切。意識があるから、準備という実際のアクションを起こすことができる。しかし、こうした意識を犹ち続ける瓩海箸蓮簡単なことではない▼9月に入り、紀伊半島大水害から6年となる。いつ、どこで起こるかわからない自然災害。だからこそ、甚大な被害が発生した県南部の人たちだけではなく、県民全員が今一度「防災」を意識する日となってほしい。(佑)

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper