ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

奥田橿原市議、公選法違反の疑い 奈良地検が告訴状受理

奥田橿原市議、公選法違反の疑い 奈良地検が告訴状受理

 橿原市の奥田寛議員(無所属)が市議会議員選挙で職業欄に虚偽の記載をしていた問題で、橿原市民オンブズマンの正岡忠久代表らが公職選挙法第二百三十五条(虚偽事項の公表罪)に該当する疑いがあるとして奈良地方検察庁に提出していた告訴状が、7月19日に受理されていたことがオンブズマンの調べで1日までに明らかになった。[2017年09月01日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper