悠言録

トップ悠言録一覧 > 悠言録

[2017年11月03日]

 昭和21年のきょう、日本国憲法が公布されたことを記念し、2年後には同憲法が平和と文化を重視したものであるとの考えから、「自由と平和を愛し、文化を進める国民の祝日」として「文化の日」と定められた▼毎年皇居で文化勲章の親授式が行われるのをはじめ、文化に親しむさまざまな催しが全国各地で行われる。今年は、漫才師の宮川大助・花子さんや脚本家の三谷幸喜さんらが褒章を受章した。夫婦漫才の第一人者と喜劇という「笑い」の文化を世に届ける両者の受章はわが国の「平和」を印象づける▼1日開会の特別国会で安倍晋三首相が第98代首相に選ばれ、第4次安倍内閣が発足。8月に改造した「仕事人内閣」の閣僚全員が再任された。衆院選の結果、憲法改正の国会発議に必要な3分の2以上の議席を得て圧勝した与党を中心に今後、改憲論議が本格化することは間違いない▼文化の日は公布までは、明治節として明治天皇の誕生日よる休日となっていた。明治天皇といえば、森友学園問題であらためて注目された「教育勅語」▼戦前の道徳教育の根幹とされ、GHQが軍国主義につながるとして廃止した教育勅語について、政府が「(教育勅語を)憲法などに反しないような形で教材として用いることまでは否定しない」としたことが物議を醸した▼「文化の日」のきょう、改めて平和と文化を重視した日本国憲法について見つめ直してみてはどうか。(虎)

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper