ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

超高齢化社会で買い物難民増加 募る不安、求められる行政対応

超高齢化社会で買い物難民増加 募る不安、求められる行政対応

 食料品など日常の買い物が困難な状況にある「買い物難民(買い物弱者)」は全国で約700万人(平成27年、経済産業省発表)。加速する高齢化社会と過疎化による商店の撤退・廃業が主な原因で、その両方が深刻化している県にとって大きな問題といえる。しかし現在、対策を進めている地域は一部で、県も対策マニュアルなどを打ち出していない。将来の買い物環境に県民の不安が募る中、同問題の現状と課題を探った。[2017年11月17日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper