ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

県内でも毎年1000人以上が… 帰り待つ家族の思いは 県内行方不明者の実状迫る

県内でも毎年1000人以上が… 帰り待つ家族の思いは 県内行方不明者の実状迫る

 神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が見つかった事件を機に、行方不明者の存在が世間で注目を集めている。行方不明者の数は全国で年間8万人を超え、県内でも毎年1000人以上の行方不明者届が提出されているが、実際は約9割の人がその年に所在が確認されている。しかし、そのうち7割以上が1週間以内に見つかっており、月日がたつほどに見つかる可能性は低くなっていく。愛する家族が行方不明になって半年以上経過し、有力な情報も入らない中、それでも信じて待ち続ける人たちの思いは―。県内の行方不明者の実状に迫った。[2017年12月01日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper