悠言録

トップ悠言録一覧 > 悠言録

[2018年02月02日]

 その歴史は、1本の論文から始まった―。有名タレントが起用されたCMを始め、昨年12月の急激な高騰と急落、最近では、仮想通貨の取引・販売所「コインチェック」での流出事件によって、「ビットコイン」や「仮想通貨」という言葉を耳にする機会が増えた人も多いはず▼サトシ・ナカモトという謎の人物が、法定通貨(円・ドル・ユーロ・人民元など)が抱える問題を解決するために提唱した論文。そこで生み出されたのが、初の仮想通貨となるビットコイン▼紙幣や硬貨など、現在「通貨発行権」を持っているのは、金融機構の中核となる中央銀行や一部権力者だけ。お金を生み出す権限を一般人が手にすることはなかったが、システムを運営する中央組織が存在しないビットコインの誕生で、こうした権利を一般人も手にできるようになった▼他にもビットコインだからこそのメリットもあるが、あくまで仕組みとして完全ではないことも事実。だからこそ、代替コインとして多くのアルトコインが誕生している▼テレビなどでも、仮想通貨の売買で巨額の富を得た人が取り上げられたりするが、そもそも仮想通貨を買うことは、次世代の技術に投資という形で応援することと同じ。決してマネーゲームではない▼まだまだまだ発展途上の仮想通貨市場。数多くある通貨それぞれが持つ、未来を変えるかもしれない「技術」に着目してみるのも面白そうだ。(佑)

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper