悠言録

トップ悠言録一覧 > 悠言録

[2018年02月23日]

 「都道府県別統計とランキングで見る県民性」によると、奈良県における25歳以上のカラオケ人口は100人当たり26・05人で全国順位が6位と高い▼歌を唄うことは健康にも良いということが広く知られるようになり、歌を楽しみながら健康も維持できるというのだ。県のカラオケ文化をけん引してきたのが県大衆音楽協会である。県大会を開催し、成績優秀者を全国大会へ送った。その中には狷猯匹硫良鵜瓩箸靴導萍している川本佐江子さんもいる▼県大会は昨年で29回を数えた。今年は記念すべき30回の節目となるところ、同協会の山下昭紀理事長が14日、急逝された。驚き、戸惑っている。歌に関してはズブの素人である筆者を審査員に招き、紙面づくりや拡販にもご協力いただいた▼山下理事長は義理や恩を大切にされた。大衆音楽を始めたのもそこだ。運営は厳しそうだったが、よく続けられたと思う。どちらかというと、昔堅気の気質で、時には厳しい叱咤激励もあった。今では懐かしい▼歌も秀逸で、犬のブリーダーとしても名が知られていた。呼び名は忘れたが、竹を彫刻する技術は、著名な方から名跡を引き継ぐほど、多くの才能を持っていた。そして、とてもおしゃれに気を使い、自宅には数えきれないほどのスーツがあった▼山下理事長から多くのことを教えていただき、学んだ。生かすことが使命だと感じる。山下理事長、ありがとうございました。(茂)

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper