ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

増える高齢者の一人暮らし 孤独死を防ぐには、孤立させない地域交流

増える高齢者の一人暮らし 孤独死を防ぐには、孤立させない地域交流

 死後3日、場合によっては1週間以上経過して発見―。一人暮らしの人が誰にもみとられることなく亡くなる「孤独死」が年々増加し、大きな社会問題となっている。平成27年の総務省の調査では、全世帯に占める一人暮らしの割合は34・5%で、高齢者(65歳以上)の一人暮らしの割合は18・5%。高齢化率で全国平均を上回る県にとっても喫緊の課題であり、早急な対応が求められる。そこで実際に県内で一人暮らしをしている高齢者、またその高齢者を定期的に訪問し、見守っている地域の民生委員らの声を聞き、現状と課題を探った。[2018年03月09日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • バックナンバー購入のご案内
  • 会社情報
  • お問い合わせ

ホームニュース論点悠言録

バックナンバー購入会社情報お問い合わせ

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper