悠言録

トップ悠言録一覧 > 悠言録

[2018年03月30日]

 「優れた美人」「純潔」「精神美」「淡泊」―。これらはすべて桜の花言葉。奈良地方気象台は24日、奈良市で桜が開花したと発表した。昨年より10日、平年より5日早い開花となった▼春の訪れを告げる桜。会社近くの佐保川沿いでも、多くの桜が咲き出した。佐保川沿いの桜並木は奈良市内でも屈指の桜名所で、ライトアップや灯籠流しなども催される▼桜は海外でも人気となっている。中国では春の花と言えば、昔は菜の花や桃の花が定番となっていたが、今は桜がブームとなっており、中国国内でも日本ゆかりの桜の名所が人気を集めている。そうした中、こんな珍しいトラブルも起きている▼中国・温州市で開催された花見イベント。宣伝では「桜の海」や「桜ストリート」を鑑賞できるとうたわれていたが、実際に見物客たちを出迎えたのはビニールでできた爛縫札皀劉瓩虜だったため、多くの見物客たちからクレームの声が上がった▼奇麗な桜を見たり、春を感じてくると、故郷を出た頃を思い出す。高校卒業後の進路に悩みつつも、自分なりに憧れを抱き、理想を描き、頑張ろうと一歩を踏み出したあの頃▼あれから十数年の月日が経過。大学卒業、就職、結婚…周囲を取り巻く環境も大きく変わったものの、全てが変わったわけではない。特に、あの頃抱いた夢は、今も変わっていない。そうした爛曠鵐皀劉瓩竜せちを、今年も桜が気付かせてくれた。(佑)

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper