ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

地元反対で工事の遅れ懸念も 奈良市新斎苑、予算可決で始動

地元反対で工事の遅れ懸念も 奈良市新斎苑、予算可決で始動

 奈良市の新斎苑(火葬場)整備事業がいよいよ動き出す。会期延長で27日が最終日となった3月議会では、用地取得費など同事業の関連費を含む平成30年度奈良市一般会計予算案(再提出)が可決され、優先交渉権者の村本建設グループとの工事請負契約の締結についても同意を得た。市は2021年4月からの供用を目指し、早急に工事を進める方針。ただ同グループの提案では、工事車両の動線として整備される予定だった「仮設橋」が外されており、地元住民から怒りの声も。調整は難航することが予想され、一部議員からは工事の遅れを懸念する声も上がっている。[2018年03月30日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper