悠言録

トップ悠言録一覧 > 悠言録

[2018年05月18日]

 1645年の旧暦のあす5月19日、二刀流で知られる宮本武蔵が亡くなった。享年62とも64とも伝わる▼武蔵が亡くなって約370年。狷鹽疥瓩魄き継ぐ侍が米国で旋風を巻き起こしている。エンゼルスの大谷翔平だ。岩手県奥州市出身の大谷。「翔平」という名前は、父親が奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経のイメージから「翔」と、平泉から「平」と取って名付けた▼社会人野球選手だった父とバトミントン選手だった母というアスリート家系に生まれ、8歳から野球を始めた。当時から類まれな体格を生かし、球が速かったという。高校も地元岩手県の強豪校へ。高校入学時には「日本一になる」と目標を掲げた。日本一どころか世界唯一になる可能性もある。父親の郷土愛が大谷にも引き継がれている▼県内9つの青年会議所(JC)が昨年度に行った事業の発表会に特別審査員として参加した。各JCそれぞれが地域性を生かし、次世代の子どもたちの健全育成を目指し取り組む姿に、記者の一人として応援したい気持ちにさせられた▼一方で、事業費の割には参加者が少ない事業も見られた。広報不足なのか内容が悪いのか、今後検証が必要だろう▼地域の子どもたちが、生まれ育った地域に誇りを持ちながら、夢や希望を追い求め、ひいては大谷のように奈良から日本一、世界一となりふるさと・奈良を世界中に発信してほしい。(虎)

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper