論点

トップ論点一覧 > 論点

アルコール依存症 愛すればこそ距離を

2018年05月18日

記者 梶田智規

 「人生の半分損してる」。酒を飲めない、もしくは飲まない人に出会うと、酒好きならばついつい発してしまうフレーズ。「勤労は日々を豊かにし、酒は日曜日を幸福にする」(シャルル・ボードレール)、「酒と女と歌を愛さぬ者は一生あほうで過ごすのだ」(マルティン・ルター)、「世の中の問題は、みんな飲み足りていないことだ」(ハンフリー・ボガード)など、世界の偉人たちにも酒好きは多い。
 私自身、いわゆる爐泙舛亮魏阿気鶚瓩猟甲砲箸靴得犬泙譟⇒弔ず△ら酒は身近な存在。酒での失敗は数え切れないほどあるが、今もほぼ毎日晩酌し、休日の前の日は飲み過ぎることも多い。母親と姉はたしなむ程度だが、父親は無類の大酒飲みで、仕事を引退してからは朝から晩まで飲み続けている。あまり大きな声では言えないが、昔は飲酒運転も日常茶飯事だった。中学生の頃、父親が飲酒運転で帰ってきて店のシャッターに突っ込み、普段は穏やかでおとなしい母親が「離婚やー」と大声で叫んだ姿は、今でも鮮明に覚えている。
 この事件後、さすがに反省した父親は飲酒運転をやめることを誓い、両親は離婚せずに済んだが、一歩間違えれば家庭崩壊に発展。それどころか、もし人をはねていればその人の人生を奪い、自分の人生も台無しにするところだった。酒はストレスの緩和や食欲増進、何より人と人との距離を一瞬で縮める魔法のような効能を持つ。ただ、付き合い方を間違えると、身体と精神を滅ぼして大切なものを奪い、さらには他人にも迷惑をかける恐ろしい存在へと変貌する。
 今回取材したアルコール依存症の男性2人は、寂しさや後悔、仕事のストレスのはけ口が酒だった。話を聞いていて感じた2人の共通点は自尊心の欠如。自己否定から酒に依存し、溺れてしまったように思う。すべてさらけ出し、駄目な自分に向き合うことができていれば、ここまでボロボロになる前にブレーキを掛けれたはずだ。
 依存症回復支援施設「セレニティパークジャパン奈良」の三宅代表は「まずは自分が依存症だという事実を認めることから始まる」と話す。ただ、「依存症だからといってすべてを否定する必要はない。また周囲の人たちも、審判的な発言はしないよう心掛けることが大切」と強調。自分の弱さを受け入れるには、共感してくれる仲間など、受け止めてくれる存在が必要だという。
 自殺寸前で踏みとどまった男性は、最初は施設の人たちとなじめず、「仲間」という言葉を使うのも嫌だった。しかし、その仲間の言葉に救われ、平穏を取り戻した。今ではスタッフ見習いとして支援に回り、回復へのバトンを次につなごうとしている。
 三宅代表によると、最近急激に増加しているのが、インターネット依存症だという。時代の流れとともに依存症の形は変化するが、根底にあるのは「生きづらさ」だ。人もインターネットも酒も上手に付き合えば人生を豊かにする。愛すればこそ依存せず、一定の距離を取って付き合うことが重要だ。

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper