ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

家族や友人、仕事、最後は自らの命も… 「自分は違う」は要注意 アルコール依存の実態に迫る

家族や友人、仕事、最後は自らの命も… 「自分は違う」は要注意 アルコール依存の実態に迫る

 TOKIOの山口達也さん(46)の一連の報道で、世間の注目を集めているアルコール依存症。平成25年の厚労省の調査によると、その数は全国で約109万人にも上る。薬物やギャンブルよりも身近な存在で、飲酒する人ならば誰もが陥る可能性がある。しかし「否認の病」とも言われ、本人が認めないケースが多く、気付けば家族や友人、仕事など大切なものを失い、最後は自らの命も―。アルコールに溺れて人生の底を経験した人たちを追い、依存症の実態に迫った。[2018年05月18日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • バックナンバー購入のご案内
  • 会社情報
  • お問い合わせ

ホームニュース論点悠言録

バックナンバー購入会社情報お問い合わせ

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper