ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

野澤法主「晋山奉告法要」 被災地復興など祈願 朝護孫子寺

野澤法主「晋山奉告法要」 被災地復興など祈願 朝護孫子寺

 今年4月1日に信貴山真言宗管長総本山朝護孫子寺第136世法主に就任した野澤密孝大僧正の「晋山奉告法要」が9月29日、同寺本堂(平群町信貴山)で行われた。約80人の参列者が見守る中、野澤師が新法主としての決意を表明した。午前11時、真言宗十八本山の管長ら30人に続き、野澤師が12人の職衆(しきしゅう)を伴いながら本堂に入堂。毘沙門天王(びしゃもんてんのう)像の前に着座し、「一意専心 寺ノ興隆 壇信徒ノ隆昌ヲ図リ 範ヲ先徳ノ芳躅ニ学ビ 内外ノ信ニ背カザランコトヲ期ス」などと「晋山奉告文(ぶこくもん)」を厳かに読み上げ、決意を示すとともに、災害・被災地の復興や世界平和を祈った。[2018年10月05日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper