ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

高齢化で増える耕作放棄地 奈良の田園風景を守れ!

高齢化で増える耕作放棄地 奈良の田園風景を守れ!

 高齢化や過疎化による人手不足などで、過去1年間耕作されることがなく、今後数年の間に再び耕作する意思のない農地とされる耕作放棄地(遊休農地)。2015農林業センサス(平成27年2月調査)によれば、全国の耕作放棄地面積(土地持ち非農家を含む)は約42万3000任如■鞠前と比べ2・7万如複供Γ検鵝冒加、県の耕作放棄地面積は3633任如同比38如複院Γ院鵝冒加している。今後も全国的に耕作放棄地が増えることが予想されるなか、田原本町と県行政書士会(末廣元孝会長)が関西初となる「遊休農地等対策に関する協定」を締結した。奈良の豊かな田園風景を守る動きを追う。[2018年10月26日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper