悠言録

トップ悠言録一覧 > 悠言録

[2018年11月09日]

 昨年の京都国立近代美術館での大がかりな回顧展に引き続いて今年9月、日中平和友好条約締結40周年記念で中国・北京で個展を開催した、奈良市出身の洋画家、絹谷幸二さん▼主催は二階俊博自民党幹事長が最高顧問、中西宏明経団連会長が実行委員長をそれぞれ務める日中交流促進実行委員会。絹谷さんはこれまで日中観光文化交流団の団長を務めるなど日中の文化交流に尽力してきた▼今回は「芸術の力で日中の未来を切り開きたい」との思いで個展開催に臨み、習近平国家主席とも同席する機会があり、自らの作品でも表現する、維摩経の「不二法門」を説き、日中の深いつながりを訴えたという▼帰国後は「豊穣富嶽・菩提心」と題し、東京、大阪、京都、横浜、名古屋と高島屋各店で巡回展を開催中。13日までは大阪店(本紙16日付で掲載予定)、21日からは京都店で開かれる▼さらには12月8日からは昨年、京都で開いた「色彩とイメージの旅」展を北海道では初めて道立近代美術館で開催、新作や北海道を描いた大作、絹谷作品の世界観を映像化した3面スクリーンの壮大な作品も展示される▼来年は、9月に日本で初めて開かれる、世界141の国と地域から3000人を超える博物館の専門家が京都に集まる国際博物館会議京都大会にも参画、「競馬やラクビーなどをイメージした『動』の作品にも取り組みたい」と意欲は尽きない。(純)

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper