ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

来月16日に住民投票 宿泊事業誘致で宇陀市

来月16日に住民投票 宿泊事業誘致で宇陀市

 宇陀市の宿泊事業者誘致・公園整備事業の推進の是非を問う住民投票が来月16日に実施されることになった。5日の宇陀市議会定例会で条例案が賛成多数で可決、即日施行された。 同事業は、老朽化が進む保養センター「美榛苑」の代替施設を整備するもの。昨年5月、竹内幹郎前市長時に休暇村協会(東京都台東区)と締結し事業を進めてきたが、今年4月に当選した高見省次市長が8月、住民負担を理由に事業断念を表明した。一方、市議会は推進派が多く、高見市長に反発。議論は平行線をたどっていた。[2018年11月09日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper