ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

教師「心の病」で毎年40人休職 長時間勤務や保護者対応ストレスに

教師「心の病」で毎年40人休職 長時間勤務や保護者対応ストレスに

 うつ病などの「精神疾患」で休職する公立学校の教員は近年、全国で約5000人に上る。県内でも毎年40人前後が休職している。長時間勤務や保護者とのトラブルなどがストレスになっているという。県教育委員会は「心が健康でないと良い教育ができない」として、教員の「メンタルヘルス対策」の重要性を強調する。[2018年11月09日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • バックナンバー購入のご案内
  • 会社情報
  • お問い合わせ

ホームニュース論点悠言録

バックナンバー購入会社情報お問い合わせ

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper