ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

数値で迫る仏の表情 阿修羅の顔は「慈悲」 奈良大デジタル技術研究

数値で迫る仏の表情 阿修羅の顔は「慈悲」 奈良大デジタル技術研究

 奈良大は4日、グランフロント大阪(大阪市北区)で、学生プロジェクト「Buddience〜仏像の顔貌を科学する〜」の記者発表会を開いた。プロジェクトメンバーの学生らが、最先端のデジタル技術を使って仏像の表情を数値化した結果を報告した。同プロジェクトは、学生の発案で平成29年11月にスタート。学内でメンバーを公募し、計18人の学生が参加した。これまで主観的な印象によって定性的に評価されてきた仏像の顔の魅力を、画像を数値化することによって定量的に表すことが狙い。[2018年12月07日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper