悠言録

トップ悠言録一覧 > 悠言録

[2018年12月21日]

 先週の日曜日、毎週楽しみに見ていたテレビドラマ「今日から俺は!!」が最終回を迎え、感動とともに幕を下ろした。お気に入りの漫画がドラマ化されると聞き、キャストなど含め最初は疑いの目で見ていたが、いい意味で予想を裏切ってくれた▼地味で平凡な毎日を変えようと、転校を機に不良としてデビューする三橋と伊藤の2人。三橋は卑怯者で、伊藤は曲がったことが大嫌いという対象的な2人だが、力や立場の弱い者を守り、どんな状況でも最終的には仲間を見捨てず助けるという正しさ、強さは共通している▼中学生のころに初めてこの漫画と出会い、犧Fから俺も甼く正しく生きようと心に決めた。しかし現実は厳しく、なかなか思うようにはいかないが、心の奥には今もその気持ちはある▼河合町議会では現在、議長の議員や職員に対するパワハラが問題視されている。議長という立場を利用し、自分の意のままに物事を進め、思うようにいかなければ怒鳴りつけてどう喝する。ドラマなら完全に悪役だ▼本紙が同町議会の議員12人に実施したアンケートでは、「議長はパワハラの定義を理解していない」との意見があった。この件で議長を取材した際にも、同じ印象を持った▼強く正しく生きるのは実世界では難しい。しかし悪役として人生を終えるのは、あまりに悲しくないか。議長は犧Fから俺も瓩寮鎖世如△發Π貪拏分を見つめ直すべきだ。(梶)

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper