ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

東吉野村の子どもたちへ 私募債でカメラなど寄贈 大和信金

 大和信用金庫(桜井市桜井、森川善隆理事長)は14日、信金中央金庫の学校寄付型私募債「しんきんCSR私募債『輝く未来』」の発行を引き付け、東吉野村立東吉野小学校に一眼レフカメラ1台、村立東吉野こども園にハンディーカメラ1台を寄贈した。同私募債は、地方創生の実現に向けた取り組みの一環として、地域の将来を担う子どもたちの成長を支援し、魅力あふれる地域づくりに貢献することを目的としたもの。発行額に応じて公共機関などに物品を寄贈するもので、発行企業である坂利製麺所(同村瀧野、坂口勝美社長)が発行した私募債を同金庫が引き受けた。[2018年12月21日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 第9回県内ゆるキャラ大投票
  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper