凛と咲く

トップ凛と咲く 一覧 > 親しみやすく歩み寄り

親しみやすく歩み寄り - 航空自衛隊2等空尉 医官  矢野真央さん(29)

2015年02月13日

写真

 やの・まお 昭和60年生まれ。山口県出身。地元の高校を出て平成18年に防衛医科大学校に入学。卒業後、研修医を2年経て、昨年6月に奈良基地に配属。

 求められるのは、医官(医師)としての知識や治療の技術にとどまらない。現場にどのような危険があるか、どういう人から治療するか、迅速な判断と的確な指示により、急場をしのぐ力を持たなくてはならない。
 航空自衛隊幹部候補生学校の業務部衛生課は、基地隊員や学生の診療を行う「基地の保健室」。奈良基地唯一の医官として、隊員のけがの治療や身体検査、健康管理指導のほか県近隣の採用受験者の健康診断も担っている。
 「親しみやすい医官になりたい」と矢野さん。とくに幹部候補生学校に入校した学生の中には初めて階級社会にさらされる者もいるため、悩みがあっても上官に相談しづらく感じてしまうことも。「患者さんにこちらから歩み寄り、健康のちょっとした不安もうまく引き出せれば」という。
 学生時代から人の役に立つ仕事に就くことが目標だった。空への憧れもあった。「航空自衛隊隊員の身近な医師として、役に立ちたい」と目を輝かせる。(池森康二)

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper