凛と咲く

トップ凛と咲く 一覧 > 心を取り戻す舞台表現

心を取り戻す舞台表現 - 舞台女優  なかもとみゆきさん(36)

2015年03月13日

写真

 なかもと・みゆき 生駒市在住。舞台女優。山吹草太事務所所属。シアター・プロジェクト・奈良代表。奈良こども劇団講師。

 名刺の肩書きは舞台表現者。平成10年、詩人で脚本・演出家の山吹草太さんが主宰する劇団に入団。観ている人の心を動かすような演技を目指した。
 山吹さんは家族のつながり、思いやりや優しさを取り戻すことをテーマにしている。それを表現するには「自分自身の心が豊かになる必要がある」という。だから有名になってスクリーンや大きな舞台で演じたいという思いはない。
 いまどき珍しいくらいストイックに努力を重ねていることが山吹さんの目にとまった。平成15年から、山吹さんのプロデュースのもとソロ活動を開始。
 10年前、活動の拠点を地元奈良に移し、一人で詩を朗読し芝居するポエトリー・リーディング奈良を開催した。22年から演劇創作集団シアター・プロジェクト・奈良の代表を務める。
 「奈良は数多くの貴重な文化財が引き継がれている。心も取り戻したい」。それが表現者として舞台で演じ続ける理由だ。(藤田茂)

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper